CSR活動日本エコシステムのCSR活動

日本エコシステムは、持続可能で多様性と包摂性のある社会を実現するため、積極的に活動します。

CSR活動日本エコシステムのCSR基本方針のスキーム

JESグループは、CSRを事業運営におけるもっとも重要な課題の一つとして位置付け、以下のとおり「CSR基本方針」を定めます。

社是
未来の地球を照らし、輝き続ける事業を創造します。
経営理念
事業を通じ、物心両面の幸福を追求すると同時に、かけがえのない地球環境への維持にも貢献します。
CSR基本方針
JESグループは、CSRを事業運営におけるもっとも重要な課題の一つとして位置づけます。
社是・経営理念のもとに、法令を遵守、倫理的行動をとることを基本原則とし、当グループは地域に根ざした【環境社会をリードする】企業として本業を通じた地域貢献を主軸とし、環境・社会への最大限配慮した活動を積極的に行うことで地域経済および社会の持続的な発展を目指します。
ESG
取り組み方針
  1. 環境

    当社は、地球環境保全が国境を越えた課題であることを認識し、事業活動を通じて環境負荷の低減への貢献、地域社会が抱える環境課題の解決に積極的に取り組みます。

  2. 社会貢献

    当社は、くらしの安心・安全・安定をささえる【環境社会をリードする】企業として様々なステークホルダーの課題解決に必要となるソリューションを提供し、地域社会の持続的成長に寄与します。

  3. ガバナンス

    様々なステークホルダーと強固な相互関係を構築し、公正性・透明性の高い、かつ実効的なガバナンス体制を追求するとともに、コンプライアンス態勢のさらなる強化に取り組みます。

SDGs
重点取り組みテーマ
  1. 人工知能(AI)活用による食品ロス削減
  2. 再生可能エネルギーの導入促進
  3. 生態学的レドックス反応による汚染水無害化
  4. 省エネ型機器・サービスの提案
  5. 長寿命化に向けた継続的メンテナンスの提案
  6. 森林生態系の保護・保全
  7. 気候変動対策への取り組み

ESG取り組み日本エコシステムのESG取り組み方針

当社は、環境への配慮・社会貢献・ガバナンスの強化といったESG(Environment・Social・Governance)に関する課題に積極的に対応し、
社会の持続可能性(サステナビリティー)の向上につながる取り組みを進めていきます。

環境方針

当社は、地球環境保全が国境を越えた課題であることを認識し、事業活動を通じて環境負荷低減への貢献、地域社会が抱える環境課題の解決に積極的に取り組みます。

社会貢献方針

当社は、くらしの安心・安全・安定をささえる【環境社会をリードする】企業として、様々なステークホルダーの課題解決に必要となるソリューションを提供し、地域社会の持続的成長に寄与します。

ガバナンス方針

様々なステークホルダーと強固な相互信頼関係を構築し、公正性・透明性の高い、かつ実効的なガバナンス体制を追求すると共に、コンプライアンス態勢のさらなる強化に取り組みます。


ESGに関する取り組み

男子ソフトボール

日本エコシステムのソフトボール部は、加盟している日本ソフトボールリーグでの競技活動を通して、生涯スポーツを支援し、世代やチーム間を越えた選手のコミュニケーション促進、健康増進・維持を目指し、地域社会のスポーツ振興並びに発展に貢献していきます。


    ▽日本エコシステム株式会社 男子ソフトボール部 各種リンク


スポーツ振興

女子ソフトボール(二部リーグ)
シニアソフトボール(地域リーグ)
マラソン(一宮タワーパークマラソン)
全国ガールズカップ交流戦(中学女子野球)
女子フットサル(女子リーグ)
全国高等学校野球選手権大会(愛知大会)
全国高等学校総合体育大会(インターハイ)
NPO法人羽島市体育協会

地域振興

濃尾大花火
一宮七夕まつり
一宮イルミネーション
一宮モーニング
FMいちのみや(女性の活躍促進宣言の応援)
全国保育士養成セミナー
一宮桜まつり
ぎふ長良川鵜飼
赤い羽根募金(災害等準備金)
真清田神社(旧初午大祭)
名古屋市商工会議所(施設児童クリスマスプレゼント)
江中子供会
宗次ホール(オリナス一宮)
大平島公園SL友の会
長崎市手をつなぐ育成会
地域清掃活動


SDGsへの取り組み日本エコシステムのSDGsに係る重点取り組みテーマ

当社は、これまで行ってきた取り組みの水準をより高めることで、国連加盟国が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」についても事業を通じて真摯に取り組んでまいります。

SDGs宣言日本エコシステムのSDGs宣言

Declaration

SDGsへの貢献

日本エコシステムの取り組みを通じたSDGsへの貢献についてご紹介いたします。

1.人工知能(AI)活用による食品ロス削減

当社は、公的研究機関・弊社での長年の「人工知能技術」の研究開発・実用化の様々な分野における豊富な成果・実績を基に、食品生産・製造における食品ロスを減少させるため、食品廃棄を出さない、つまり「リデュース」が可能となるAI需要予測ソリューションを開発・提供し、事業系の食品ロス削減に貢献します。


  • xxxxxxxxxx
  • xxxxxxxxxx

2.再生可能エネルギーの導入促進

当社は、これまで合計20,000kwh以上の太陽光発電設備を設置・施工をしており、自社においてもメガソーラーを保有し、エネルギーミックス拡大に貢献しています。今後も、太陽光発電設備のみならず他再生エネルギーの導入促進を、積極的に推進します。

  • xxxxxxxxxx
  • xxxxxxxxxx

3.生態学的レドックス反応による汚染水無害化

当社は、エネルギーをかけずに環境に優しい酸素・触媒・天然素材を利用した、生態学的レドックス反応という電子の伝達による技術で、汚染水の無害化を実現できる製品を開発・製造しています。
先祖から受け継いだ地球を守り、より良い状態で次世代に引き継ぐために、汚染水の無害化を通して、お客様を積極的にサポートし、社会に貢献します。

  • xxxxxxxxxx
  • xxxxxxxxxx
  • xxxxxxxxxx

4.省エネ型機器・サービスの提案

当社では、そうした省エネの動きに対し、LEDを始めとした照明器具、高効率空調システム、省エネ住宅設備、高機能建材など多種多様なご提案をしております。業種によって様々な導入事例もあり、各々に最適な省エネ対策をご提案いたします。また合わせて、各種機器への過負荷を低減することで、更新サイクルを伸ばすことが可能です。

  • xxxxxxxxxx
  • xxxxxxxxxx

5.長寿命化に向けた継続的メンテナンスの提案

当社が提供するすべてのサービスにおいて、これまで培ってきた「保守メンテナンス」の知見を最大限活用し、定期的な点検・維持管理および新技術の導入を積極的に行い、ライフサイクルの伸長を実現します。

  • xxxxxxxxxx

6.森林生態系の保護・保全

当社は、山林を保有し、管理、保護・保全を推進しています。

  • xxxxxxxxxx

7.気候変動対策への取り組み

当社では、環境マネジメントシステム規格であるISO14001の認証を取得しており、マネジメントレビューにおいて経営層の承認を得る体制を構築しています。

  • xxxxxxxxxx
  • xxxxxxxxxx
  • xxxxxxxxxx
  • xxxxxxxxxx
  • xxxxxxxxxx