アーカイブ | RSS |
  
2018/12/04
2日(日)は我々日本エコシステムの所属支部である羽島市にて
中学生40名程とソフトボール教室を行いました。

アップ・キャッチボールを行った後、各ポジションに分かれて守備・投球の講習を行ってから
打撃講習を行いました。

元気な子供たちと楽しく講習することができました。

最後にはプレゼント争奪じゃんけん大会も実施し大盛り上がりで講習を修了しました。

日本エコシステムにとってこの講習会は1年を締めくくる恒例行事です。

日ごろからお世話になっている、羽島市ソフトボール協会の皆様には
今年も大変お世話になりました。感謝いたします。

来年度さらに躍進できるように精進したいと思います。

今後とも日本エコシステムをよろしくお願いいたします。


2018/11/25
25日(日)は白川町ソフトボール協会主催のソフトボール教室に講師として
呼んでいただき参加してきました。

下は小学校1年生から上は中学生まで約40人の元気な子供たちが、寒い中参加してくれました。

午前の部は全員でアップ、キャッチボールをやった後にバッテリーと内外野に分かれてポジション別講習後バッティング講習を行いました。
どの子供たちも日本エコシステムの選手が話す内容を真剣なまなざしで聞いていました。

午後の部は日本エコシステムの選手たちによるデモンストレーション!!
全体ノックを見てもらった後は、ピッチャー陣・バッター陣によるガチンコ勝負をし、
ピッチャーの球の切れやスピード、バッターのスイングスピードや飛距離を近くで見てもらい
子供たちは歓声が上がるほど目を輝かせて見ていました。

そして参加者全員に実際1打席勝負をしてもらい、球の切れやスピードを体感してもらいました。

最後は日本エコシステムから何点かプレゼントを用意してじゃんけん大会!!
大変盛り上がり子供たちの最高の笑顔も見ることができました。

日本エコシステムの選手たちも講師として呼んでいただき参加させていただきましたが、
元気な子供たちから学ぶことも多く非常に充実した1日を過ごせせていただきました。

このような機会を計画してくださった白川町ソフトボール協会の皆様に心より感謝申し上げます。


2018/10/23
去る平成30年10月21日、22日と栃木県大田原市において第47回日本男子ソフトボールリーグ、東日本リーグ第3節が開催されました。
結果は最終節・4連勝での猛追及ばず、4位で終戦となりました。【今年より3位までが決勝T進出に変更】

《最終順位》
1位 ホンダエンジニアリング(11勝3敗)
2位 大阪グローバル(10勝4敗)
3位 デンソー(8勝6敗)
4位 日本エコシステム(8勝6敗)
5位 埼玉県庁クラブ(6勝8敗)
6位 トヨタ自動車(6勝8敗)
7位 YKK(4勝10敗)
8位 豊田自動織機(3勝11敗)

[リーグ規定]
勝率が同じ場合は次の順序によって決定する。
以下 vs デンソー戦の結果照合
○ 該当チーム同士の対戦成績(1勝1敗)
○ 該当チーム同士の対戦失点数(1節8×6で負け 2節3×1で勝ち 両チーム失点9)
○ 総失点数(デンソー44失点 日本エコシステム50失点)
○ 再試合(リーグ内優勝、決勝トーナメント出場に係る場合)

http://www.softball.or.jp/news/league-2018/report/1023.html
【(公財)日本ソフトボール協会HPより】


上記結果により僅差でございましたが、悔しい4位でございました。
何事もタラレバはいけませんが、デンソー戦であと1点取っていれば・・・。
と1点の重みを強く痛感した今年度の結果でした。

しかし、今後のチームにとってこの1点に泣いた結果は、チームを強くする方向に
向かうものと信じております。
来年以降も何卒宜しくお願い申し上げます。

また、今年度、
① 岐阜県リーグ
② 地方予選(クラブ・国民体育大会)
③ 全日本クラブ選手権
④ 全日本総合選手権
⑤ 国民体育大会(本大会)
⑥ 日本リーグ

等におきまして、お世話になりました皆様、関係者の皆様、そして応援・御支援いただいております皆様、今年度も例年以上に厚くご指導・御支援いただきまして誠にありがとうございました。
今後もソフトボールを通じた人材育成や・地域貢献を推進していけるよう、選手・スタッフ一同邁進して参りたいと思いますので、私たち【日本エコシステム】を何卒宜しくお願い申し上げます。

2018/10/04
【 岐阜県選抜 福井しあわせ元気国体 5位入賞!! 】

岐阜県成年男子ソフトボールチーム
※日本エコシステムを主体とし、学生3名を補強した選抜チーム

は2012年の岐阜清流国体での準優勝以来の入賞(5位)を果たした。
岐阜県選抜チームは台風24号による悪天候により試合日程が変更となり、
難しいコンディション調整を強いられる中、10/1(月)の初戦
vs 神奈川県選抜
を 1-0 で勝利すると

10/2(火)の準々決勝
vs 千葉県選抜
では、最終回あと1アウトで勝利、まで行きながら、結果
2-4 でのサヨナラ負け

となりました。

結果としては 【5位入賞】

という2012年の岐阜清流国体での準優勝以来の入賞を果たしました。

これも、地元岐阜県の競技に関わる岐阜県のご担当者の皆様、岐阜県ソフトボール協会
の各職制の皆様、応援してくださっております全ての皆様の厚いご厚意のおかげであると
実感致しております。
皆様の厚い熱い思いを最高の結果で恩返しをしたいと全力でぶつかりましたが、最高の
結果は来年に持ち越しとなりました。

またこれより日本リーグ第3節が10/20、10/21と栃木県大田原市にて実施されます。
日本リーグ決勝トーナメント進出を目指して戦って参りますので、引き続き熱くサポート
いただきますようお願い申し上げます。


福井しあわせ元気国体・ありがとうございました!!

選手・スタッフ一同

2018/08/20
去る平成30年8月18日・19日と岐阜県郡上市合併記念公園グラウンドにて
第73回国民体育大会福井しあわせ元気国体・成年男子ソフトボール競技が行われ、
私たち日本エコシステムを主体とする岐阜県成年男子チームは、2014年の長崎がんばらんば国体以来の本国体出場権を獲得いたしました。

これも岐阜県を代表と致します関係者の皆様の厚い御支援と御協力、御厚意ならびに応援の賜物であるとこの場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。
また、会場設営や運営に関わって下さいました会場関係者の皆様のサポートをいただき無事に
大会を終えることが出来ましたこと、重ねて厚く御礼申し上げます。

そんな皆様の厚い想いを背負った岐阜県選抜・成年男子チームですが、

4年ぶり本国体出場を決めました!!

試合の詳細につきましては試合結果ページをご覧いただければと思います。

1回戦 vs 静岡県 ○7-2
(https://www.jp-eco.co.jp/softball/modules/webscorerevolution/index.php?action=ViewGamedetail&gid=300&cond_ownteamid=-2&cond_nendo=2018)
決勝戦 vs 愛知県 ○3-1
(https://www.jp-eco.co.jp/softball/modules/webscorerevolution/index.php?action=ViewGamedetail&gid=301&cond_ownteamid=-2&cond_nendo=2018)


で優勝することが出来ました!!

まだまだ、本大会までは時間がありますので、

・岐阜県リーグ
・全日本総合選手権大会

を全力で戦い本大会に挑みたいと思います。

今後とも引き続き熱い応援を何卒宜しくお願い申し上げます。



選手・スタッフ一同

http://www.gifusoftball.com/(岐阜県ソフトボール協会HP)

2018/07/30
平成30年7月27日~平成30年7月30日に渡る間、
滋賀県高島市に於いて、第39回全日本クラブ男子ソフトボール選手権大会が
実施されました。

私たち日本エコシステムは一回戦の対戦相手が、
日本男子東日本リーグに於いて毎年覇を競っている強豪の
大阪グローバル。

異例とも言われる東から襲来する台風による強風の中、息詰まる投手戦となり、
結果 0-2 で敗戦してしまいました。

平素より応援していただいているサポーターの皆様には、ふがいない結果となってしまい
結果で恩返しが出来ませんでしたこと、この場をお借りしてお詫び申し上げます。

ただ、下を向いているわけには参りません!!

平成30年8月18日、19日には国民体育大会の東海地域予選が、
地元岐阜県郡上市の合併記念公園にて開催されます。
国民体育大会の本選出場目指して仕切りなおして頑張りたいと思います。

皆様の熱い応援を背に、2014年長崎国体以来の予選突破を目指します!!

改めまして皆様のお力と熱い応援を宜しくお願い申し上げます。


選手・スタッフ一同

2018/03/13
来る平成30年4月1日(日)
豊田市運動公園多目的広場C 【住所:豊田市高町東山4-97】
において、全日本大学男子選抜チームとの強化試合が実施されます。

全日本大学男子選抜チームは、【以下、日本ソフトボール協会HPより抜粋】
「Next Generation」、「次代の日本代表」ともいうべきチームで、2016年に「第11回世界男子ジュニア選手権大会」(U19世界選手権/19歳以下の世界選手権)で35年ぶり2度目の「世界一」に輝いた選手たちが名を連ねる「黄金世代」のチームである。
 大学男子では、「全日本大学選手権大会」(インカレ)が、「日本一」を決める大会であり、過去52回の大会の中で日本体育大学が実に29回の優勝回数を数える等、圧倒的な強さを誇っている。このところ「日本一」から遠ざかっていたが、「第11回世界男子ジュニア選手権大会」で「優勝投手」となった「エース」小山玲央、左腕・メーンズ・ジェーラン 秀吉ら、「黄金世代」の選手たちが多数進学したこともあり、昨年、2009年以来の「王座奪還」「インカレ優勝」を果たしている。

など、日本の大学界を、いや、この年代の世界一のチームです。
日本エコシステムとしてもまたとない強化試合のチャンス!!
年長者としての意地を見せられるよう精一杯ゲームに取り組んで参りたいと思います。
お近くにお寄りの際は、ぜひお立ち寄りください。


日本エコシステム選手・スタッフ一同


※試合日程につきましては 【活動予定】をご覧ください。

2018/03/13
2018年の球春到来!!

本年も春の訪れとともに岐阜県リーグが開幕いたします。
日本エコシステムは地元岐阜県羽島市に所属、岐阜県リーグを通じ、
・全日本クラブ選手権
・全日本総合選手権
・国民体育大会
・東日本リーグ
・日本リーグ決勝トーナメント

で日本一を目標に活動しています。

地元羽島市を舞台とし、日本一を目指して翔け上がっていく大人たちの青春の姿を
ぜひご観覧ください。

岐阜県リーグ日程はこちら ↓
http://www.geocities.jp/houshouleag/30pdf/2018-nittei-m2.pdf
【岐阜県ソフトボール協会HPより参照】

2018/02/22
【 2018 シーズン 開幕のお知らせ 】

全国のソフトボールを愛するファンの皆様・また私たち日本エコシステムをサポート・応援いただいている皆様、いよいよ今年もシーズンインを迎えます。
2018年シーズンのスタートです。

本年は、これまでチームを支えてくれていた枦山竜児(選手兼監督)・鈴木周平(コーチ兼選手)が引退し、新体制で挑むシーズンとなります。
 例年以上に厳しい戦いが見込まれる中、選手・スタッフ一同さらなるステップアップと一致団結をして今シーズンを戦い抜いて参りたいと思います。
 
 本年も【 日本エコシステム 】への熱い声援をなにとぞ宜しくお願い申し上げます。



選手・スタッフ一同

2017/11/17
平成29年度のシーズンも先日の日本男子ソフトボールリーグ決勝トーナメントを持ちまして、
今シーズンの公式試合全日程が終了いたしました。
 今シーズンを無事に終了が出来ましたのも関係者の方々皆様の厚いお支えをいただいて
いる賜物であると思います。
 ソフトボールが出来る環境を整備いただき、またご支援・ご協力をいただき、感謝を尽くしても
また感謝しか残りません。本当にありがとうございます。

 これより束の間のオフシーズンとなりますが、年が明けた年初1月より再始動となります。
来年度につきましても " 日本一 " を目指して努力を重ねて参りたいと思いますので、
より一層のご指導とお引き立てを賜りますよう引き続き宜しくお願い申し上げます。

最後に、今シーズン主要大会の成績を下記にまとめさせていただきましたのでご参照ください。

【平成29年度 日本エコシステム 成績 】

岐阜県A級男子ソフトボールリーグ 12勝 2敗 【 優勝 】
全日本クラブ男子東海地域予選           【 優勝 】
全日本クラブ男子選手権大会            【 3位 】
全日本総合男子東海地域予選            【 優勝 】
全日本総合男子選手権大会             【 1回戦 】
国民体育大会東海地域予選             【 準優勝 】
日本男子ソフトボール東日本リーグ 11勝 2敗 【 準優勝 】
日本男子ソフトボールリーグ決勝T          【 1回戦 】



来シーズンも宜しくお願い申し上げます!!

« 1 2 (3) 4 5 6 ... 10 »
COUNTER
今日 : 3636
総計 : 103949103949103949103949103949103949